Our Vision:

 

人類が地球に寄り添った生き方にシフトするための、ローカルアクションを続けよう。

私たちは、ここ信州伊那谷の中川村に住みながら、地球規模でも、個人的な生活にも、様々な環境問題が表出していることを感じています。

現在、今のライフスタイルを変えずに危機を迎えるか、環境と調和したライフスタイルを確立し生き残るか、その瀬戸際にいるのではないか、今世紀前半のうちに、人類がライフスタイルをシフトするためにできることしていこう、という気持ちが、すべての行動の一番の根っこにあります。

 

自分から、今ここから。

地球の未来への祈りを持ち続け、行動し続ける。


信州の森の中から、村という小さな自治体の中から、キャンプという切り口から、できる事はたくさんあります。

みなさん、それぞれの場所から、つながっていきましょう。

Action 1:    地元の生態系を保護・保全するためのビジネスを創業する

image

キャンプ場の経営に携わるようになった2015年より、私たちは「森を活かしてシゴトを創る」を合言葉に活動してきました。この地域の人々の生活にとって、大切な存在である森の維持管理という地域課題を解決しながら、森林を伐り、育て、使い、守る(6次産業化)ことに挑戦しています。

 

>>詳細は編集中

Action 2:   環境教育

環境問題の解決には「人々のこころを、自然とつなげていく」ことが、遠回りだけれども、一番確実な方法ではないかと感じています。

自然に親しみ、問題について目覚め、心が変わるほど、行動が変わり、生き方も変わる。

これから大人になる世代が「地球に寄り添った生き方にシフトしていく」ための種まきを、続けていきます。

 

>>詳細は編集中

Action 3:   Leave No Trace

image

環境配慮プログラム Leave No Traceとパートナーシップを結んでいます。アウトドアフィールドが持続的であるために、利用するすべてのユーザーが、野外で環境に配慮した行動を取ることができることを目的としたプログラムです。

 

>>詳細は編集中